アパレル求人

MENU

新しい道に進むためのチャレンジ

 

転職するタイミング、メリットとは何でしょうか。転職を考える人が必ず悩むポイントです。若い世代の人が転職する場合は、きちんとしたビジョンが明確になっていて、現在の職からさらに上を目指す人は是非行動してほしいと思います。最終目標があるなら、それに向かって迷わず進むべきだと思いますし、転職することによって新しい道が開けるからです。タイミングは、運や縁もありますが、現在の職にある程度自信がついてからの方がいいですね。一概には言えませんが、3年間は1つの職場に勤めた方がいいと思います。面接で、飽きっぽい人だ、不満を持ちやすい人だと思われると、印象が良くありません。あくまでも、自信をつけたうえで、さらに上を目指したいから、というように印象付けてください。メリットは、新しいスキルや知識や経験が身につくことでしょう。また、新しい職場で人間関係も大きく広がることでしょう。現在の日本では、なかなか新しい職場に変わるということもリスクがあるように思われます。自分の目標があるなら、失敗を恐れず、チャレンジしてみてください。


人生の大きな分岐点における決断。

出産・育児休業取得後、元々は職場復帰を予定していたが、会社側は戻る場所をすぐに確保できそうにない、私側は通勤が2時間必要で残業に耐えられないという、双方の問題で退職を選択することとなった。しかし生活がある、将来設計もある、急いで転職をしなくてはと動き出した。ハローワーク・派遣会社・Webの転職エージェントに登録し、日々の生活がなんとか回せる範囲で条件を導き出し、こまめに足を運び、インターネットを駆使し、何件も何件も応募を繰り返した。まずは正社員、3ヶ月30件以上の応募をして、二次面接までこぎつけたのが5件、そして未だ合格に至らず。目標期限まであと2ヶ月をきった、正社員は難しいかもしれない、契約社員や派遣も検討し始めなければならないかと思案中。学歴・職歴(経験や資格)・面接での好感触もあてにならない。「子供がもう少し大きければね・・・」という回答や反応にも、もう慣れた。何度落ちても、継続して転職活動をし続けることが大事だと思うので、まだまだ頑張ってよい転職だったと思えるように頑張りたい。

職業を変更するということ

「転職」という言葉はある会社に勤めていたところから退職をし、改めて新しい気持ちで別の会社に就職すること。転職というのはWEBサイトなどで見る限りだと非常に簡単にできるって書いてあるけど、実際やってみるとなかなかうまくできないんだよねえ〜たとえばIT関係の仕事から経理事務の仕事に転職しようとおもったとき。ITの仕事を残業が多いとかでやめることは多いと思うけどそこから転職しようとおもったらさあ大変。経験や資格などでおとされることが多々ある。だけど不思議なことに事務からIT関係の仕事に就こうと思うとすんなりいけちゃう。これはIT業種が未経験者を積極的に募集をかけていることが原因だと思う。このように同じ「転職」といっても比較的簡単にできるパターンといろいろ努力しないと難しいパターンの2種類がある。初めて他の会社で働こうといきなり思ってもなかなかうまくいかないのが現状。世知つらい世の中だけど全力でゆやらないと厳しいものです。